平成27年度 みやぎ県南中核病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 375 129 157 327 339 611 1412 1550 1481 338
【解説】
当院は地域医療の中核病院として、救急医療、がん医療、専門医療、小児周産期医療等の機能を充実させ幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。
平成27年度中に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計した結果、症状が比較的重症になりやすい60歳以上の患者さんの入院が多くなる傾向にありました。患者さんが安全で質の高い医療サービスを受けられるよう地域の保健・医療・福祉機関と連携を図りながら、当院の果たすべき役割である高度急性期および急性期機能の充実に努めてまいります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 23 20.6 13.6 4.3% 71.5
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2:人工腎臓(1) 副傷病なし 15 23.1 15.4 0.0% 66.7
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1:経皮的針生検法 副傷病なし 14 10.2 7.5 0.0% 52.9
【解説】
内科は、腎・膠原病内科を中心とした診療を担当しております。1位から3位の症例はいずれも慢性腎不全でした。透析導入、維持透析の継続、急性血液浄化などを中心に行っています。腎生検によって腎疾患を診断・治療し、進行した腎不全に対しては、安全に透析導入するように心がけております。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 11 12.7 9.2 27.3% 73.5
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 10 12.8 10.9 0.0% 72.9
110050xx97x0xx 後腹膜疾患 その他の手術 処置2なし - - 16.5 - -
【解説】
腫瘍内科で対象とするがんは、主に消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、胆のうがん、胆管がんなど)、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、乳がん、原発不明がんなどです。しかし、腫瘍内科で入院するケースは、抗がん剤の副作用による食欲不振、嘔吐等による脱水が原因で入院する割合が多いのが特徴です。胆管がんなどによる胆管炎や閉塞性黄疸で入院する症例が第2位となっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(3) 副傷病なし 140 16.6 18.1 22.9% 74.1
010060x099000x 脳梗塞 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 34 11.1 15.8 14.7% 74.6
010060x099020x 脳梗塞 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:SPECT等(2) 副傷病なし 34 18.4 19.8 35.3% 73.8
【解説】
神経内科は、脳卒中を中心とした神経救急疾患の診療、パーキンソン病を中心とした神経難病の診療を担当しております。上位1位から3位の症例はいずれも脳梗塞でした。
脳卒中は,日本人の死亡原因の第3位,そして「寝たきり」になる原因の第1位の病気です。脳卒中がこわいのは,麻痺や失語や痴呆の後遺症をのこし,元気で暮らせる健康寿命を縮める原因になるからです。後遺症を軽くして寝たきりを防ぐためには,早期からリハビリを開始することが大事になります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 146 3.9 3.1 1.4% 68.5
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 94 7.3 4.9 1.1% 70.6
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 73 22.1 18.3 8.2% 83.8
【解説】
循環器内科の最も多い症例は狭心症などに対する心臓カテーテル治療のための入院、および治療前、治療後の心臓カテーテル検査のための入院で、1位、2位を合わせ、全体の約30%を占めています。なお、心臓カテーテルによる治療は狭心症だけではなく、心筋梗塞などの症例でも施行されます。3位は心不全の治療で、患者さんの平均年齢は80歳を超え、高齢者の患者さんが多くなっていることが分かります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし 263 2.1 2.8 0.0% 65.7
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 112 12.5 10.9 4.5% 77.5
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 処置2なし 51 9.3 9.2 0.0% 72.9
【解説】
消化器内科で最も多い症例は小腸大腸の良性疾患(ポリープや良性腫瘍など)に対する内視鏡下手術(ポリペクトミーなど)で全体の約23%を占めています。2位は、胆管結石・胆管炎で、内視鏡を用い結石を除去したり、胆管にステントチューブを挿入し胆汁ドレナージを行っています。3位の早期胃癌に対しては内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。この方法は病変周囲を切開し引き続き粘膜下層を剥離していく方法で、従来法では出来なかった2cm以上の病変でも、一括して切除することができます。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 15歳以上 手術なし 処置2なし 89 12.1 14.3 5.6% 80.4
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 52 17.8 21.7 32.7% 85.9
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 44 16.8 20.6 6.8% 74.1
【解説】
呼吸器内科では急性肺炎の患者さんが最も多くなっています。肺炎の患者さんは高齢になるほど重症になる傾向があます。2位の誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎で、高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われています。3位の間質性肺炎は、肺胞の壁の正常構造が壊れて線維化が起こる病気です。肺胞の壁を通して人は酸素を取り込んでいますが、この壁が固く、厚くなるために、酸素を取り込みづらくなります。間質性肺炎の原因はさまざまで、膠原病、じん肺、放射線、アレルギー性のものなどがありますが、原因不明のものを特発性間質性肺炎といいます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 82 7.3 9.2 0.0% 69.6
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 68 6.0 7.0 0.0% 59.3
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 47 5.2 5.6 0.0% 38.7
【解説】
外科で最も多い症例は腸閉塞で、腸が閉塞や狭窄をきたしたり、腸の運動がみられなくなったりする疾患です。腸の中に飲食物やガス、消化液などが停滞・貯留し、便として排出されなくなるため腹痛や嘔吐、腹部膨満感などの症状が生じます。重症なものになると、腸管が壊死したり腹膜炎をきたしたりして、命にもかかわります。2位の胆嚢結石症は、全体の95%以上の症例に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術が行われています。急性胆嚢炎を発症している場合には、入院後早期に腹腔鏡下胆嚢摘出術を行ない、入院期間の短縮を図っています。3位の急性虫垂炎は、CT検査を積極的に行ない、虫垂炎と他の疾患(大腸憩室炎や子宮附属器炎等)との鑑別診断を正確に行なうことにより、保存的療法と手術療法の選択を的確に行っています。最近は、大部分の症例に腹腔鏡手術を採用しており、入院期間の短縮を図っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし 32 11.3 7.5 18.8% 59.6
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 30 11.9 10.0 16.7% 74.2
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) JCS10未満 手術なし 処置2なし 副傷病なし 27 25.3 19.3 77.8% 70.6
【解説】
脳神経外科の手術は、くも膜下出血、血管奇形、脳腫瘍及び頭部外傷の手術を主体に行っておりますが、入院症例は、頻度順に1位:頭蓋・頭蓋内損傷(急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血、脳挫傷、脳震盪など)の手術を伴わないもの。2位:頭蓋・頭蓋内損傷(慢性硬膜下血腫)で、症例のほとんどが血腫穿孔洗浄術を行っています。3位:非外傷性頭蓋内血腫(脳出血)保存的治療症例でした。被殻、視床出血が高い割合を占めていました。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 147 22.9 28.7 78.2% 83.0
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 24 7.3 5.7 8.3% 51.9
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等 21 21.5 30.0 81.0% 67.0
【解説】
整形外科では、四肢の骨折・脱臼に対する外傷外科、椎間板ヘルニア・脊椎管狭窄・脊髄症の手術を目的とした脊椎外科、人工関節手術主体のリウマチ関節外科を3本柱として診療を担当しております。最も症例が多かったものは、股関節大腿付近骨折(大腿骨頚部骨折、大腿骨転子部骨折など)の手術目的で入院される患者さんでした。平均年齢を見ると、大腿骨の骨折は高齢の患者さんに多いことが分かります。2位は、前腕の骨折、3位は、膝関節周辺の骨折でした。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 28 11.2 12.0 3.6% 55.2
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 18 10.1 9.0 5.6% 75.8
03001xxx0110xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 処置1:分層植皮術等 処置2なし 10 19.3 14.0 0.0% 77.6
【解説】
皮膚科は、皮膚疾患全般を対象とし、特に皮膚腫瘍(良性、悪性)の診断と治療、炎症性皮膚疾患、皮膚感染症、皮膚科救急疾患などの診療を担当しています。最も症例が多かったものは、急性膿皮症(ほとんどが蜂巣炎)で急性の皮膚感染症でした。2位は、帯状疱疹(帯状ヘルペス)、3位は、頭部から頸部の範囲にできた皮膚の悪性腫瘍でした。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 15歳未満 処置2なし 91 4.9 5.7 0.0% 2.6
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 副傷病なし 38 5.3 6.3 0.0% 4.2
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 処置2なし 35 4.7 5.5 2.9% 1.6
【解説】
小児科で入院治療の対象となるのは、肺炎、気管支喘息発作、胃腸炎に伴う脱水、痙攣などの一般的な疾患や川崎病、細菌性髄膜炎、アレルギー性紫斑病などを対象にしています。
最も症例が多かったものは、肺炎・急性気管支炎で、次いで喘息・喘息発作です。3位は、インフルエンザ・RSウイルス肺炎でした。上位疾患のすべてが呼吸器系の疾患で小児にとって呼吸器治療の重要性が分かります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 46 8.2 9.9 0.0% 30.8
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 29 9.2 10.2 0.0% 48.1
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 21 6.9 9.5 0.0% 73.5
【解説】
産婦人科は、基本的には分娩と婦人科良性疾患の診療が中心となります。最も症例が多かったものとして、胎児及び胎児付属物の異常となっていますが、症例のほとんどが帝王切開術の対象になった症例です。特に2回目以上の帝王切開(反復帝王切開)を行う人や胎児の頭が骨盤を通れない児頭骨盤不均衡と診断された症例などが対象となっています。2位は、子宮筋腫などで手術の対象になった症例で、3位は、子宮脱などで手術の対象になった症例でした。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 処置1なし 副傷病なし 69 2.2 2.9 0.0% 61.4
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 処置1なし 副傷病なし 43 6.1 5.9 7.0% 66.3
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 43 6.1 7.6 0.0% 74.3
【解説】
泌尿器科では、排尿障害、尿失禁、尿路悪性腫瘍、尿路結石症、尿路感染症、副腎腫瘍、精巣腫瘍、腎不全などの診療を担当しています。最も症例の多かったものとして、1位、2位とも上部尿路疾患(尿管結石、腎結石)で、全体の約30%を占めています。1位は、体の外から衝撃波をあて、石を砕いて小さくし自然排石を促す手術(ESWL)で、2位は尿道から内視鏡を挿入し、結石を小さく砕き体外に取り出す手術(TUL)です。3位は、膀胱の悪性腫瘍で尿道から内視鏡を挿入し、腫瘍を切除(TUR-BT)する症例でした。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 21 4.8 5.5 0.0% 35.5
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 15 5.0 5.3 0.0% 63.3
030428xxxxxxxx 突発性難聴 10 9.4 9.6 0.0% 53.4
【解説】
ヒトのQOLに直結する、聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚や音声・嚥下機能を取り扱うことが耳鼻咽喉科の特徴です。入院では、中耳手術、内視鏡下鼻・副鼻腔手術、その他頭頸部領域の手術などを行うほか、末梢性のめまい、顔面神経麻痺、突発性難聴、急性扁桃炎や扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎などの診療を担当しています。最も症例の多かったものは、急性扁桃炎・扁桃周囲炎でした。2位は、前庭機能障害(末梢性めまい症など)で、3位は、突発性難聴でした。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 処置2なし 副傷病なし 34 2.3 3.6 2.9% 51.1
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 処置2なし - - 3.7 - -
161020xxxxx00x 体温異常 処置2なし 副傷病なし - - 5.3 - -
【解説】
救急科は、救急医療を専門的に行う診療科として、二次救急(入院治療や手術が必要な症例に対応)を主体とし三次救急(極めて専門的な治療が必要で、二次救急では治療が困難な症例)の対象となる多発外傷、薬物中毒、敗血症性ショックなど受け入れています。救急車からの診療依頼を受け入れ、診断が確定したら各担当科に診療を引き継いでいるため、必ずしも救急科での入院になりませんが、最も多かった症例は、薬物中毒(その他の中毒)でした。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 75 - 12 14 - - 1 7
大腸癌 25 20 39 24 13 18 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - 23 46 51 - 1 7
肝癌 20 12 - - - 14 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
①5大がん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)の患者さんの人数について初発と再発(再発部位によらない)に分け集計しています。初発はUICC(国際対がん連合)のTNM分類から示される患者数を病期(ステージ)ごとに分けて表示しています。
②患者数は延患者数として集計しています。例えば一連の治療期間に入退院を繰り返すなどを行った場合は、入退院を繰り返した回数分だけ延患者としてカウントします。
③UICCのTNM分類は、第7版を使用しています。

【解説】
UICCのTNM分類は、①原発巣の大きさと進展度(T)、②所属リンパ節への転移状況(N)、③遠隔転移の有無(M)の3つの要素によって各がんをⅠ期 (早期)~Ⅳ期 (末期)の病期(ステージ)に分類するものです。
患者数としては、大腸がん、肺がん、胃がんの順に多く、ステージ別では、Ⅰ期は胃がん、肝がん、Ⅲ期は大腸がん、Ⅳ期は肺がんで多くなっています。
当院は、内視鏡的治療、腹腔鏡下手術、開腹手術、抗がん剤治療、放射線治療など患者さんの状態に合わせた幅広い治療を実施しています。また、緩和ケア病棟を有しており、治療が困難とされたがん患者さんの苦痛を和らげる緩和ケアの体制も整えています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 13 10.3 57.7
重症度 1 20 12.8 77.9
重症度 2 38 15.2 79.9
重症度 3 37 12.4 83.8
重症度 4 12 18.7 86.9
重症度 5 - - -
不明 - - -
【説明】
成人の市中肺炎について重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計しました。
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。成人市中肺炎では、治療方針を決定するために5項目からなるA-DROPスコアを用いて重症度を分類します。A-DROPとは5つのチェック項目の頭文字をつなげたものであり、スコア0を軽症(外来治療)、1~2を中等症(外来または入院治療)、3を重症(入院治療)、4~5を超重症(ICU治療)として推奨される治療環境を簡便に判断できるようにしています。この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計の対象外となっています。また、成人の肺炎の指標なので、小児肺炎も集計の対象外となっています。
<A-DROPスコア>
・A(年齢):男性70歳以上、女性75歳以上
・D(脱水):BUN(尿素窒素)21mg/dL以上、または脱水あり
・R(呼吸):SpO2(酸素飽和度)90%以下(PaO2(動脈血酸素分圧)60Torr以下)
・O(見当識):意識障害あり
・P(血圧):血圧(収縮期)90mmHg以下
  ※5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。

【解説】
患者数が最も多いのはスコア1~2の中等症で、次いでスコア3の重症の患者さんが多いことが分かりました。スコア0の軽症の患者さんの平均年齢が50歳代であるのに対し、中等症~超重症では平均年齢が75歳以上の後期高齢者の年齢層になっており、年齢が上がるごとに重症化していることが分かります。
A-DROPスコアでは、軽症の患者さんは外来治療となっており、入院治療の適応ではないことがあります。しかし、軽症の患者さんであっても、もともと慢性的な疾患などがある場合、症状の悪化が危惧され入院となるケースもあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 27 7.8 69.8 3.6%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 284 20.5 75.3 29.9%
その他 20 14.2 70.0 1.3%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 10 10.2 63.7 0.0%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
【説明】
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。
病型は、最も医療資源を投入した脳梗塞のICD-10を用い表示しています。
ICD-10(国際疾病分類第10版)は、死因や疾病の国際的な統計基準としてWHO(世界保健機関)によって公表されている分類法で、死因や疾病の統計などに活用されています。

【解説】
脳梗塞の分類では、I63$(脳梗塞)に分類される症例の割合が高く、特に3日以内に発症した脳梗塞が集計対象全体の8割以上を占めていました。また、年齢層も平均年齢75歳以上と後期高齢者の方が多くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 10 22.8 26.1 10.0% 69.4
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
【解説】
内科の集計対象は、内シャント設置術でした。内シャント設置術は、血液透析が必要となった時に行なう手術で、通常は手首の付近の動脈と静脈をつなぎ合わせて(吻合)、動脈の強い流れの血液を一部静脈に流すことで、透析に必要な血液を静脈から取り出せるようにします。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 14 3.7 10.0 0.0% 70.1
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
【解説】
腫瘍内科の集計対象は、内視鏡的胆道ステント留置術でした。狭窄した胆道にチューブを通して拡張し、胆汁の流れを良くする手術で、他診療科の協力を得て治療を行っています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 14 36.1 29.7 78.6% 80.6
K386 気管切開術 - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
【解説】
神経内科の集計対象は、胃瘻造設術でした。脳血管障害や認知症の進行に伴うなどにより、口から十分に栄養が摂れない患者さんに、内視鏡を用い、お腹の壁と胃の壁を通して小さな穴(胃瘻) を造り、その穴にチューブを入れる手術法で、他診療科の協力を得て治療を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 89 3.9 5.9 1.1% 68.9
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 33 5.1 12.9 0.0% 78.1
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 32 0.3 14.2 3.1% 71.3
【解説】
循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する冠動脈ステント留置術が最も多く行われています。手首や足のつけ根の動脈からカテーテルと呼ばれる細い管を入れ、バルーン(風船)で狭くなった血管を拡げ、ステント(筒形で網状の金属)を挿入し、冠動脈の血流を改善させる治療法です。次いで、脈が遅くなる徐脈性不整脈(洞不全症候群や房室ブロックなど)に対して、ペースメーカー移植術が行われています。ペースメーカーは、心臓に電気刺激を送り、脈が正常より遅い時に、心臓の脈拍数を正常の範囲内に増やす機械で、患者さんの心臓の状態にもよりますが、一般的に数年から10年に一度は電池交換の手術が必要になります。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2センチメートル未満) 266 0.2 1.1 0.4% 66.1
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 134 0.2 1.1 0.0% 68.9
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 51 0.6 7.6 0.0% 72.9
【解説】
消化器内科では、大腸ポリープや大腸腫瘍に対して内視鏡下による手術が行われています。大腸ポリープや腫瘍の大きさ、深さによって、選択される手術方法も異なってきます。しっかりとした茎を持つポリープには、内視鏡下ポリープ切除術(ポリペクトミー)、平坦なポリープには、内視鏡下粘膜切除(EMR)、平坦な腫瘍や大きなポリープには、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が行われています。腫瘍の深さによっては内視鏡下手術の適応外となり外科手術が必要になります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 103 1.9 4.1 0.0% 61.8
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 97 1.5 2.4 0.0% 69.6
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 45 0.9 3.4 0.0% 39.6
【解説】
外科では、胆嚢結石や胆嚢炎などに対して腹腔鏡下による胆嚢摘出術が最も多く行われています。腹腔鏡下手術は、お腹の中に腹腔鏡という細長いカメラを入れ、お腹の中の様子をテレビモニターで見ながら細長い鉗子という器具を使って行う手術です。次に多かったのは、鼠径部を切開して行う鼠径ヘルニア(脱腸)の手術です。3番目は、腹腔鏡下による虫垂切除でした。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 39 0.8 10.6 23.1% 79.4
K1742 水頭症手術(シャント手術) 14 8.0 21.4 14.3% 76.1
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
【解説】
脳神経外科で最も多い手術は、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。頭蓋骨に穴をあけ血腫(血の固まり)を取り除く手術法です。次に多かったのは、水頭症手術(シャント手術)です。脳にたまってしまう水(脳脊髄液)を体内の他の場所へ逃がしてやる手術で、脳脊髄液の流れ道を新たに作るバイパスのようなものです。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 150 3.5 15.0 66.7% 78.7
K0462 骨折観血的手術(下腿) 等 47 3.4 12.1 40.4% 62.3
K0811 人工骨頭挿入術(股) 34 5.4 20.4 85.3% 82.3
【解説】
整形外科では、四肢の骨折に対する観血的手術(骨をプレートやネジで固定する手術)が多く、手術の区分別では、K061の大腿と上腕の骨折、次いでK062の下腿と前腕の骨折が多く行われていました。3番目に多い手術は、人工骨頭挿入術で、太もものつけ根の部分の折れている骨(大腿骨の骨頭)を取り除き、人工物でできた骨頭に置き換える手術です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 15 0.5 13.1 0.0% 81.3
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - - - - -
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) 等 - - - - -
【解説】
皮膚科で最も多かった手術は、皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)でした。単純切除とは皮膚(表面)にできた腫瘍のみを切除する手術です。リンパ節の郭清を伴うような広汎切除とは区別されています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 50 1.4 6.1 0.0% 31.5
K877 子宮全摘術 27 1.7 6.8 0.0% 49.3
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 23 2.9 6.2 0.0% 29.3
【解説】
産婦人科では、帝王切開術が多くなっています。帝王切開術は、選択的帝王切開と緊急帝王切開に分類されています。選択的帝王切開術は、妊婦検診などで、正常分娩が困難であると予めわかっている場合に、日にちを決めて帝王切開をする方法で、当科で最も多い手術です。緊急帝王切開は、妊婦さんまたは赤ちゃんに何らかの問題が生じ、急いで赤ちゃんを娩出しなくてはならない場合に行う手術で3番目に多い手術になっています。子宮全摘術は、2番目に多い手術で子宮筋腫などに対して行われています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 71 0.4 1.2 0.0% 61.0
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 47 3.0 3.6 6.4% 67.4
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 43 1.4 4.7 0.0% 74.4
【解説】
泌尿器科で最も多い手術は、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(ESWL)、次いで経尿道的尿路結石除去術(TUL)でした。いずれも、尿管結石や腎結石に対する手術で、ESWLは、尿路結石治療の第一選択となっており、TULは、ESWLより確実に結石を処理することができる手術です。3番目に多い手術は、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(TUR-BT)です。尿道から膀胱に内視鏡を入れ膀胱内に発生した腫瘍を電気切除機器で取り除く手術です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 13 0.2%
異なる - -
180010 敗血症 同一 30 0.4%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.2%
異なる - -
【説明】
DPC病名が、DIC(播種性血管内凝固)や敗血症、手術・術後の合併症に該当した場合の発生率を、入院の契機となった病名と「同一」か「異なる」に区分し集計しました。
発生率は、全退院患者数に占める割合です。

【解説】
DICは、過剰な血液凝固反応を引き起こし、体中の毛細血管に至るまで血栓ができる重篤な状態です。DICになってしまうと、死亡率が高いため、早期発見早期治療が大切になってきます。発生率は、「同一」で0.2%でした。
敗血症は、血液が細菌感染することで、全身に炎症を起こして最悪の場合は死に至る病気です。死亡率も高いことから、敗血症になると一刻を争う治療が必要となります。発生率は、「同一」で0.4%でした。
手術・術後の合併症は、術後出血や創部感染などが挙げられ一定の割合で発生してしまう病態で医療ミスとは異なります。発生率は、「同一」で0.2%でした。
更新履歴
2016/9/26
平成27年度病院指標を公開しました。